大分大学医学部 第一外科

教授 北野正剛

世界をリードする5つのプロジェクト 医師としてあらゆる環境をサポートする教室の体制とは

大分大学医学部第一外科では癌の診療において、早期癌に対してはQOLを考慮した内視鏡治療や腹腔鏡下手術を、また高度進行癌に対しては手術をは じめ化学療法、放射線療法などの集学的治療および緩和ケアをチームとして実践しています。
特に低侵襲治療として位置づけされている腹腔鏡下手術は最も力を注いでいる分野です。現在では、進行大腸癌および進行胃癌に対する腹腔鏡下手術に 関する全国規模の厚生労働省研究プロジェクトを担当しています。 さらには2010年に北野教授が日本内視鏡外科学会理事長に就任され、内視鏡外科 の分野における世界に向けての情報発信に取り組んでいます。
今回は研究内容、診療体制、教育に関する項目を中心に第一外科教授 北野正剛先生をはじめ、教室の先生方にお話を伺います。

本編

  • 動画を再生する

Q&A

  • 待遇について

    動画を再生する

  • 資格取得について

    動画を再生する

  • 休暇について

    動画を再生する

  • 学生教育について

    動画を再生する

関連病院

  • 大分赤十字病院

    動画を再生する

  • 大分県立病院

    動画を再生する

医局情報

住所 〒879-5593 大分県由布市挟間町医大ヶ丘1丁目1番地
TEL 097-549-4411(代表)
  • 当医局本サイトへ