長崎大学医学部 消化器内科

教授 中尾一彦

全ての消化器疾患を診断できる医師を育てる 既成概念にとらわれない、自由闊達で活気がある教室

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

長崎大学医学部消化器内科では消化管疾患、肝疾患の2つのグループに分かれて臨床・研究に取り組んでいます。 特に全臓器に対する内視鏡的粘膜下層剥離術を強みとし、九州でもトップレベルの治療成績を誇ります。 また新しい取り組みに取り組める教室です。 関連病院の数も多く、最先端の治療から、地域に根差した施設をまわることができ、様々な症例に触れることができます。 研究面でも細胞のアポトーシスについてなど、独自の研究も進んでいます。
ここでは、長崎大学医学部消化器内科教授中尾一彦先生をはじめ、教室の先生方にお話を伺ってきました。

本編

  • 動画を再生する

Q&A

  • 医局の雰囲気

    動画を再生する

  • 資格取得について

    動画を再生する

  • 留学研修について

    動画を再生する

関連病院

  • 長崎原爆病院

    動画を再生する

  • 長崎市立市民病院

    動画を再生する

医局情報

住所 〒852-8501 長崎市坂本1丁目7番-1号
TEL 095-819-7481(代表)
  • 当医局本サイトへ